たけうち工務店トップページへ

温故知新 荒壁の家 白川郷・五箇山に学ぶ白川郷・五箇山に学ぶ シックハウス症候群 シックハウス症候群


  1. 日本の家
    日本の自然の中にある物だけを材料として使って住宅を建てること
    それは日本の四季を快適に過ごせる住宅となる。
  2. 自然素材の家
    自然の中にある物を材料として屋根は瓦で葺き、壁を塗り、床は
    天然木か畳を敷いて家を造る。ツバメの巣からヒントを貰って。。。
  3. 温故知新
    何百年も昔に建てられた白川郷の住宅達はじっと歴史を伝えてきた。
    安くて早く造る事ばかりを考えた建築がもてはやされた時代も
    日本の風土にあった、建築物である事を誇るかのように。。。
  4. 荒壁の家
    本物の家を造る事を考える時、荒壁は不可欠だが時間と費用が
    掛かりすぎる、塗っては乾かし又反対側を塗る、それだけで相当
    の日数がかかってしまう、悩んでいた矢先荒壁パネルと出会う!!
    下記に荒壁パネルを少々説明しておきます。


  5. ※左の写真は弊社の施工例写真です。

現在、外気を遮断する方法を取り入れた家が多く建築されています。しかし、それは北欧の家を参考にしたもので、日本の四季にマッチしたものではありません。また断熱材や接着剤によるシックハウス症候群などの弊害もあり、我々は基本的な問題点の見直しと対策をしなければなりませんでした。

そこで、古くからの知恵を活かした日本家屋に着目しました。日本家屋は四季を通して快適に過ごせる工夫の詰まった素晴らしい家です。良質な自然素材を使ったその壁は、まるで呼吸をするかのように調湿・調温するのです。

しかし、この壁を作るには一年以上の乾燥期間と熟練の技、そしてそれにかかるコストが必要でした。そこで、基礎となる荒壁部分をパネルにする事を思いつきました。そして京都大学防災研と金沢工業大学の共同開発により、ついに3つのデメリットを解消した荒壁パネルが誕生したのです。

健 康

土・古紙・土硬化剤・木などの天然素材から出来ていて、廃棄後は緑育つ土やリサイクル商品に生まれ変わります。また、シックハウス症候群になる要因を全く含んでいません。

調 温

断熱効果が高いので冬暖かく、夏涼しい快適な住まいを実現します。

調 湿

荒壁パネルは呼吸するかのように湿気を吸ったり放ったりするのでカビや結露を防止します。また調湿時にマイナスイオンを発生し空気を浄化します。
防 音
柔らかい素材で音を吸収します。
防 火
800度でも着火しない難燃材です。もし燃えても有毒ガスが発生しません。
耐 震
荒壁パネルは耐力とねばりで地震にも耐えます。

以上「温故知新・荒壁の家」をご覧になって日本の風土にあった住宅に興味を持たれた方、プラン、お見積もりは無料ですお気軽にお申し付け下さい、下記ボタンからどうぞ!!

お問い合わせ

温故知新 荒壁の家 白川郷・五箇山に学ぶ白川郷・五箇山に学ぶ シックハウス症候群 シックハウス症候群

たけうち工務店トップページへ